Friday, December 7, 2012

Dark room 暗室

昨日と今日は暗室に入って写真をプリントしました。私は写真はほとんどフィルムで撮って暗室でプリントするのですが、暗室にいるといつも独特な気分になります。というのも、カラー写真の暗室は完全に真っ暗なので、何も見えない中でひとり作業をするのです。すごく不思議な空間です。そして、学校でもレンタル暗室でも、フィルムから印画紙に露光する部屋と、それを現像する機械の部屋は別になっている所がほとんどなので、二つの暗い部屋を往復することになるのですが、今日使ったラボではもう違うのですが、暗室の扉は回転扉になってるところが多くて、くるくるまわって、出入りして、さらに二つの部屋の間を何時間もぐるぐるまわる。そうやってひとりで作業してると、いろんな考えが頭の中でぐるぐるまわりだしてなんか独特な気持ちになるのです。そして機械から写真がでてくる待ち時間に時々外の部屋で、他の暗室作業してる人の写真をちら見したり。そのうち最後は時間が足りなくなってあせって猛スピードになるっていう。最近は、携帯見たりとかつい気を散らしてしまう便利な物があるけど、昔は、ずっと、くるくる回ってくるいろんな考えや気分達と一緒に作業をしていました。それは今思えば自分にとって貴重な時間だったと思うので、これからも作業中はこの時間をもっと楽しもうと思った今日この頃です、、そしてこれを書いていたら、今までの10年ちょっとのその時々の色々な場所での暗室作業中の記憶の断片が浮かんできて、そのときの自分やまわりや出来事や考えを思い出して、そんな自分だけのひそかな思い出の感傷にひたりそうになったという今日この頃です。



Monday, November 5, 2012

Photos from The Suzan Live in Japan 2012

I photographed  New York based Japanese girls' band THE SUZAN's Live in Tokyo (fall 2012). The photos are up on their blog.

ニューヨークで活動しているバンドTHE SUZAN の日本 凱旋ツアーのライブを撮影した写真がバンドのブログにアップされています。


http://wearethesuzan.blogspot.jp/2012/11/gaisen-japan-tour.html


Saturday, October 27, 2012

Private Beach (2009)




これは私の初めて作ったビデオ作品で、NYで学生だった2009年制作です。"Private Beach"というタイトルは、私有の砂浜のことではなくて、自分の心の中にある自分だけの場所という意味でつけました。私は内向的なところがあるので、皆で共有する、社会的な世界や価値観だけでなく、皆の話の話題にはならないけど自分にとっては価値のある事を世界にみつけたり、空想をめぐらしたり自分だけの世界をもつことが大事で、それに助けられたりしあわせを感じたりします。でも誰でもそういう自分だけの大事な世界を持っているのではないかなと思うし、私は映像を作る事によって自分のその世界の一部をちょっとだけ皆と共有してみたいという思いもあってこの映像をつくりました。映像には、夏休みで日本に帰っている時に、小さいときからずっとよく滞在している、大好きな自然の多い場所で撮影したシーンが沢山でてきます。それから、雨。私は雨の音もにおいも感触も好きで、雨が世界と自分の間に入って守ってくれているような気がして安心します。
This is the very first video piece  I made in 2009 while I was a student at an art school.
 The title is not about the  private property I own but a private place in my mind.
As I am introverted, it is important for me to find something valuable in the world from my own point of view, as well as something that is socially important or common. Also it's important for me to keep my imaginary world, and it helps me go through the daily life and feel happy.
I think everyone has their own world that they keep to themselves, and I wanted to share mine a little bit by creating this video.
For this video, while I was back in Japan for the summer break,  I filmed many footage from my favorite place with beautiful nature, where I often stay since I was a baby. And, Rain. I love the sound and smell and the touch of rain and I feel as if rain is like a shelter from the world and protecting me.



Wednesday, October 17, 2012

New music video shooting for Robin's Egg Blue ミュージックビデオ撮影

先日、今NYから来日ツアー中の日本人バンドRobin's Egg Blueの新曲のミュージックビデオのため、ギターとボーカルの二人を撮影しました。都内某スタジオにて。このビデオはロビンの曲と私の映像のコラボ的な感じの作品になる予定です。映像は私の世界全開にやらせていただきました。今編集作業に入ってます。近日公開です。

I just finished shooting a music video at a studio in Tokyo for the Japanese band Robin's Egg Blue, who are live touring Japan. They are currently based in NY so this is like their homecoming tour.  This video is more of like a collaboration of my video and their music, and I am doing all art-direction and storyboarding and everything on this video. So I am very happy to be able to fully express my artistic view with this song. this song is really good so I am also very pleased to work with them. I have started editing. Looking forward to showing this to the world soon.








robin's egg blue
http://robinseggbluemusic.com

Mayumi Suzuki
http://mayumi-suzuki.com



Saturday, September 29, 2012

flower girl





flower girl
when you are sad 
can you see what you are really sad about

and when everything seems confusing
can you believe
eventually you will find a way through 

and in a time like this when no one seems to care
about this kind of thing
can you still stand and say what you really feel

Friday, August 31, 2012

rppl

I made a film for a music "rppl" created by TAKAHASHI Akira.


TAKAHASHI Akira氏の曲 "rppl" と私の映像でコラボしました。
takahashiakira.com





Sunday, August 26, 2012

オフライン / offline

8月のはじめに、6日間仕事がなかったので、フェイスブック上とかで旅にでます!携帯もネットもつながらなくなります!と宣言して出かけたのですが、実は田舎の祖父の家に行ってました。立派な旅です。友人達は私の言葉を見て、携帯がつながらないんじゃ海外にでもいったの?と思ってたらしいのですが、、、ただ、携帯を持って行きたく無かっただけなのです。なぜかというと、スマートフォンとかのおかげで、24時間オンラインの生活、いつでも情報を得られてどこの誰とでもつながれるという便利な、少し休みたくなってしまったのです。なので、携帯を持っていかないでその間に誰かから連絡がきて、返事がこない!?と思われる事態を防ぐために一応ネット上で旅にでる宣言をしてでかけたのですが、数日間の完全オフラインの生活は、とても気持ちよかったです。祖父の家は自然に囲まれた人の少ない静かなところなので、日中は蝉の合唱、夜はカエルの合唱を聞きながらいろんなことを考える事ができました。人がほとんど歩いていないので庭に面したカーテンと窓を全開にして空を見ながら昼寝したり。。自然の中にいると、人の造った文明以上の世界がある事を思いっきり感じられて、人の力の及ばない神秘というか美しいものや面白いものに沢山触れられるので、大好きなのです。自然が創ったものってすごいですね。人間もその一つですけど。花とかでも何故この色になったんだろうとかこういう形になったんだろうとか楽しい疑問はつきないです。わたしはいつも自然の不思議から多大な影響を受けています。。
、、それから、夏雲の映像を撮影できました。今後の映像に登場する予定です。夏雲ってなぜかみているとわくわくします。しかし、今回は夜の星を眺めるのをすっかり忘れてしまいました。そういえば今年の夏は私はまだほとんど雷に遭遇してません。雷を見るのが好きというと不謹慎かもしれないですが、科学的に大体しくみが解明されていることはわかっていても、不思議だしドキドキします。あの、だんだん雲行きがあやしくなって黒い雲が現れだし、空気の匂いが変わってきて、遠くから雷鳴が聞こえてきて、、ついに雨が、、そして稲光が。という。あの音と光。雷は空と地面が喧嘩しているんだって小さいころに聞かされましたが、本当にそんな気がします。
私は、そういういろいろな面を見せてくれて、奥が深すぎる自然へのいろんな思いから作品のアイディアがわいてくることが多いです。



Wednesday, July 25, 2012

ミュージックビデオのこと / on Music Video

今まで、作ってきた映像について説明をすることがあまりなかったので、今後このブログで一作品づつ簡単な解説をしていってみようかなと思ってます。

...その前に今回は、なぜ私がビデオ制作をはじめることになったかという、特にミュージックビデオについて、受けてきた影響について考えてみました。まず、私は小さい頃から音楽が大好きで、音楽教室に通って、ピアノも習ったり、祖父の家にあるカラオケマシンで歌いまくったりしてたのですが、成長していくうちにミュージックビデオというものが存在する事を知りまして、見る事にはまってしまったのです。
私は90年代に10代を過ごしたのですが、90年代はじめ頃はテレビでもミュージックビデオなるものをフルで放送する番組はあまりなかったと思います。たまに深夜にそういう番組があってがんばって夜更かしして見たり、あと千葉テレビとか神奈川テレビで、ミュージックビデオを流す番組があったりして、たまに見たりしてましたが、90年代も後半になると、ケーブルテレビが普及してきて、それには音楽専門チャンネルがある!!という事を知った私は、早速親を説得し、ケーブルテレビをいれてもらい、家にいるときはよく音楽チャンネルをつけっぱなしにして見てました。当時は、MTV,スペースシャワーTV,Viewsic等のチャンネルがあったと思います。そしてお気に入りのビデオを見つけては、私もいつかミュージックビデオを作ってみたい。。。と夢見る10代の乙女だったのでした♪ なぜ、”ミュージックビデオ”にそこまではまったかというと、説明するのが難しいのですが、数ある映像のジャンルの中で、多分その映像の表現の仕方が、”詩的”、”抽象的” ”前衛的”になり得て面白いと思ったからです。私は文学だったら詩集を読むのが好きだったのですが、ミュージックビデオって映像の中ではそういう感じになれるんじゃないかなと思うのです。例えば、曲には歌詞がついているけど必ずしもその歌詞を再現しているわけではないし。いろんな表現ができるジャンルですよね。それに曲と映像がリンクするのってとても感傷を誘うと思うのです。ある曲を聴くと、その曲を聴いてた当時の思い出が頭の中に映像になってよみがえってきて、浸ってしまうなんてのもそうですけど。

それから、さらに時間をさかのぼって考えてみると、NHKのみんなのうたを見てたことにも影響を受けてたんじゃないかと思ったのですが。みんなのうたも、曲と一緒にアニメーションや実写映像が流れるという、いわゆるミュージックビデオですよね。私は子供の頃見るのが好きでした。でもそのなかでもなぜか特に好きで印象に残ってる曲は”まっくら森の歌”です。世界とか心の謎な部分についての曲な感じがするんですけど、なんだか神秘的でちょっぴりこわい感じが、不思議大好き少女にはたまらなかったです。そのアニメーションもすごい好きでした。私は夜、布団にもぐって、まっくら森ってこんなところかな。。と想像をめぐらしておりました。。

というわけで、10代の頃、映像デイレクターというのは大人数スタッフを指揮して、、。という感じで、私にもできるのだろうかと思っていたのですが、カメラや編集ソフトの進化のおかげで、一眼レフカメラで映像が撮れるようになり、編集もパソコン一台でできるようになり、一人でも映像が作れてしまう時代になりました。おかげで私でも、誰でも、これからもっともっといろんな映像の可能性を追求できます。


今までの作品は私のvimeoのページで見れます。






http://vimeo.com/mayumisuzuki

Wednesday, July 11, 2012

NY 2008

sank
                                   

 drown

disconnected
still?

you were there then
where


are you

now?

show
me

            
do you know who you are?

Tuesday, May 29, 2012

SEE PROP HIGH?

The Music Video I directed.
SEE PROP HIGH? (short version)     by The Archi-tet.


Director...Mayumi Suzuki
Videographer...Mayumi Suzuki
Editor...Mayumi Suzuki / Aki Yamamoto



THE ARCHI-TET "SEE PROP HIGH?" のミュージックビデオ
http://akihiroyamamoto.com/archi-tet

演出 Mayumi Suzuki
撮影   Mayumi Suzuki
編集   Mayumi Suzuki / Aki Yamamoto






Thursday, April 26, 2012

mirror and rain



雨と鏡
2010





Friday, April 20, 2012

portraits / ポートレイト



Jacqueline and Natallia

















Saturday, April 14, 2012

New Music Video update

ニューヨークのジャズベーシストThe archi-tetのミュージックビデオが完成間近です。
撮影はブルックリンと日本で行いました。

here are some scenes from the music video I've been working on for the New York based jazz bassist The archi-tet. the production is almost done. I'm hopin' I can show it very soon.
shot in Brooklyn and Japan.